エコキュート交換設置(1) 故障発生!

2016-12-12 11:14

我家は家庭内のすべてのエネルギーを電気に集約する、「オール電化」を採用しています。そのためキッチンのコンロにはIHクッキングヒータを、給湯にはエコキュートを導入しています。しかし拙宅に引っ越してから10年が過ぎこれらの機器に不具合が発生するようになりました。

そんななか、先週の月曜日にエコキュートで問題が発生します。お湯を全く沸かさなくなったのです。

ecocute

思い起こせばその兆候は、一年ほど前の昨冬の初めに表れていたように思います。お湯を沸かす「ヒートポンプ」というユニットの周辺が常に濡れた状態になっているのです。特にどこからか水が漏れているというわけではないのですが、エコキュートを置いてあるコンクリートは常に濡れたままの状態でした。

少しすると台所と浴室にある操作パネルにエラー番号が表示され、お湯が沸かなくなるという現象が発生します。そこでメーカに修理を依頼すると熱交換を行うユニットを交換してくれ、エコキュートは無事に復活します。その際に、ヒートポンプ周辺が濡れている事を指摘しますが、水漏れもないし問題ないだろうとの事でした。

そのまま年を越し今年の春ごろに、朝起きると操作パネルにエラーが表示さているという事象が発生します。しかしエコキュートを再起動すると正常動作に戻るので、そのまま使用を続けていました。そんな事が2・3回発生しましたが、暖かくなるにつれてエラーの表示も発生しなくなります。また寒くなると修理をしなければならなくなるかなという漠然とした不安を抱えながらも、そのまま使用を継続します。ただこの夏位からシャワーのお湯の温度が少し低いような気がするのが気にはなっていました。

ところが先週の月曜日に操作パネルにエラーが表示され、お湯が沸かなくなるという事象が発生します。様子を見ていると、お湯を沸かすためにヒートポンプが動作し始めるものの、1時間ほどするとエラー表示となりお湯を沸かすのをやめるという動作をします。そこで再びメーカに修理を依頼します。

ところが修理にやってきたメーカの担当者から修理不能との宣告を突きつけられる事となったのでした。担当者の話によると、通常はエコキュートは80度位の温度のお湯を沸かします。しかし我家のエコキュートが沸かすお湯の温度は何と18度という事です。ヒートポンプを交換すれば使用できるようになるが、すでに我家のエコキュートにあるヒートポンプはメーカにないので修理できないとの事なのです。

我家に設置していたエコキュートは三洋電機製でした。設置後10年以上が経過している上に、三洋電機はPanasonic に吸収されてしまったので三洋製の電化製品の修理には消極的なようです。(それでも出張診断料とし3,780円かかりましたが)実際に修理に来た担当者も、以前はこういうケースでは交換設置の見積なんかも行っていたようですが、Panasonic になってからは修理のみを行うよう厳命されているとのことです。

そんな訳で銭湯通いとなっている我家なのでした。